生理周期ダイエット

 

みなさん自分の生理周期をチェックしていますか??

生理周期でダイエットのタイミングが分かるって知ってましたか??

今回は生理の前後で変化するカラダのメカニズムについて調べてみました。

 

*痩せやすい時期

  ・生理後に痩せやすい理由

*痩せにくい時期

  ・生理中ダイエットの注意点

*生理周期とダイエットの関係まとめ

 

痩せやすい時期

 

 

まずは、女性が痩せたり太ったりする減少について、

①エストロゲン(=卵胞ホルモン) ②プロゲステロン(=黄体ホルモン)

これらの2週類のホルモンが大きく作用してきます。

 

生理の周期で一番痩せやすい時は生理の終わり頃から次の排卵の準備をする間の生理後2週間です。

代謝を上げる働きがあり、女性らしいカラダづくりに必要な「卵胞ホルモン」の分泌量が増加する時なので、ダイエットに適している時期と言われています。

 

生理後に痩せやすい理由

 

生理が終わると精神的にも安定して、食欲もコントロールしやすくなります。また妊娠に備えて栄養や水分を蓄える働きをする「黄体ホルモン」が徐々に低下していくことでカラダにため込んでいた水分が排出されるタイミングでもあるので自然と体重が減っていく時期でもあります。

 

痩せにくい時期

 

 

排卵後は妊娠に備えて栄養や水分を蓄える働きをする「黄体ホルモン」が優位になるため、代謝が悪くなり痩せにくい時期となります。黄体ホルモンの分泌が増える事でイライラしたり、気分が落ち込むなどの症状があらわれます。その他にもこのホルモンの影響で、頭痛や腹痛などの「生理痛」が起こります。

イライラを抑制するために甘い物が食べたくなったり、暴飲暴食に走ってしまう女性が多く、生理前は太ってしまう方が多いでしょう。そのストレスを発散させると「セロトニン」の分泌量が増えることで心身ともにも落ち着くことができます。

また痩せにくいこの時期に起こるのが肌荒れ、暴飲暴食・ストレス・イライラ・便秘などさまざまな理由と、ホルモンバランスが崩れる事が原因でしょう。

 

生理中ダイエットの注意点

 

生理中はカラダの負担などを考えると無理して運動する必要はなく、体重を維持できるような食事の取り方を工夫してみましょう。そして生理が終わったらダイエットモードに切り替えていきましょう。

どうしても空腹感を感じやすくなる時で、甘いものを食べて満たそうと脳は働きかけますが、そこをグッと我慢できる方はお菓子やスイーツなどの甘いものではなくフルーツやナッツなどで欲を満たすと効果的です。

黄体ホルモンの影響でカラダに水分をため込む為、むくみがちになりますが、そこで水分の摂取控えないようにしてください。またむくみを解消させる効果がある「カリウム」を多く含むバナナ・リンゴ・ひじき・わかめなどを積極的に摂取することで、余分な水分を排出させることができます。

生理中は鉄分不足による貧血に注意!!あさり・レバー・納豆・小松菜など鉄分の多い食材となります。

 

 

生理周期とダイエットの関係まとめ

 

生理周期とダイエットの関係まとめ

 

生理周期により女性ホルモンが上り下がりすることでカラダには大きな影響があるんですね。そのサイクルを知っておけば、今は「痩せやすいモード」だからがんばろう!今は「痩せにくいモード」だからせめて増えないように耐え忍ぼう!と頭で理解しながらダイエットに取り組むことができるのではないでしょうか?

まずは自分の生理周期を知って、ダイエットに活かしていきましょう♪

 

 

 

 

 

Copyright© 【ダイエット豆知識】生理周期で痩せやすい時期、痩せにくい時期がある? , 2020 All Rights Reserved.